あこがれの大学生活

あこがれの大学生活

大学在学中における留学について

ここ最近では小学校での英語授業も盛んになっており、グローバル化と言われているほど、外国語学習も重要になってきています。
外国語を習得するだけでなく、異文化を体験したり、様々な考え方を持つ外国の方々と、意見交換をしたりする経験の出来る留学は、視野を広げることもでき、社会人として、社会で活躍していく上で、とても大切な力をつけることが可能です。
大学生活は一般的に4年ありますので、ほかの学生と比べても、大学生の方が留学の為に時間を取りやすいですし、外国語大学などは、留学をするプログラムが組まれていることがほとんどですので、そういった機会を利用する事は、有意義で良い経験になります。
金銭的な問題や、ほかの授業などとの兼ね合いもありますので、個々で短期にするか長期にするかじっくり考えて選ばれると良いです。
長期の方が外国語習得という意味においては優位に働きますが、短期でも異文化体験などにより視野を広げる事は十分に可能なので、大学在学中に留学をする事は必ず良い結果をもたらしてくれます。

大学に留学する時は高度な語学力が必要

大学に留学する時は高度な語学力が必要になります。一定の英語力を持っていないと、入学できない大学が多いです。TOEFLの点数が目安になり、TOEFL iBTで61点以上が好ましいとされています。入学したら、授業はすべて英語です。英語で行われる授業の内容を理解できないと、勉強を続けることはできません。大学の授業では専門的な内容を取り扱うこともあるので、豊富な語彙力と高いリスニング力を持っている必要があります。英語の苦手な方だったら、まず語学の学校に通って英語力を身に付けてから大学に入る方法もあります。または短大に留学して、そこで英語力を身に付ける方法もあります。いずれにしろ、英語力が非常に重要で日本にいるうちから熱心に勉強をしなければなりません。留学をするための語学学校もあるので、そんなところに通うのも一つの方法です。日本人ではなくて、英語のネーティブが直接教えてくれるところが好ましいと言えます。

Favorite

自由が丘にある歯科

Last update:2017/12/1